MMのひとりごと

とある地方住みオタクの雑記

あなたの声に包まれたい/21stシングル『透明』

少し時間が経ってしまいましたが…

宮野さん、21stシングル『透明』&ライブ円盤『MAMORU MIYANO STUDIO LIVE STREAMING!』発売おめでとうございます!

f:id:mgyn19:20210530174911j:plain

f:id:mgyn19:20210530174905j:plain

透明もSTREAMING!も光が印象的なナチュラルな雰囲気のジャケ写でめちゃくちゃ良…

 

STREAMING!についてはまた後日ということで、遅ればせながら今回はシングル『透明』の感想を書いていきますよ~

 

まずジャケ写・ブックレットの話なんですけど、

こんなにナチュラルで自然体なのに神秘的で神々しさすら感じるのなんでなん?普通に考えれば相対するはずのものが同居してるのほんと意味分かんないんだよな…宮野真守さんというこの世の神秘なんです?(??)

宮野さんって別に線が細いわけじゃないし中性的なタイプでもないじゃないですか。それなのにこの、空に攫われてしまいそうな、消え行きそうな儚さはどこから出てるんだろう。は~~~~~~白が……似合うな……

ベディのイラストとのシンクロはたまたまとのことですが、それって宮野さんの中にしっかりベディが生きてるからこそだと思うんですよ。いや~すごい。素敵だなあ。

デジタルは手軽だし便利だけど、CDというモノを手にした時の喜びや開封する時のわくわくがある限り、その価値が失われることなんてないんだな~と思いますよね。

 

では楽曲の話行きますよ~

 

 

・透明

 

もうこの曲に関して、嬉しいことが色々あるんですよ。

まずは坂本真綾さんが作詞をして下さったこと。こんなことってあるんだなあ。未だに不思議な気持ちです。この2人は昔から共演も多かったし、個人的にも特別好きな作品には大体この2人が共演してたりして、そんな2人が役以外の所でも仲良くしてると嬉しくてにこにこしてしまうんですよね。どことなく上品さが漂う声質や雰囲気が似てるな~といつも思ってます。

これはずっと言ってるんですが、いつか何かの機会で歌での独白&透明コラボが見たい!オタクはいつまでも待ってますよ!

 

宮野さんがFGOで主題歌を歌うという情報が出た時はめちゃくちゃびっくりしました。ファンが多いビッグタイトルだし、体感その7割くらいは男性ファンが占めてるような作品の主題歌を男性声優が歌うのも珍しいし、何よりキングレコードが関わっている作品ではなかったのでそこが一番びっくりだったかもしれない…

キングアニメだと主題歌ありきで出演枠があるのかなとか考えたりもしますし、もしくはその逆かもしれないですけどとにかく作品とレーベルが密接に関わってるイメージなので、出演が発表になった時点で主題歌の可能性については考えたりするじゃないですか…

FGOキャメロットは全くそうじゃなく、レーベルを越えたオファーだったのが驚いたし嬉しかったし、宮野さんのオタクとしてすごく誇らしかったんですよね。だって大人の事情とかなくシンプルに、作品にとって宮野さんの歌が必要だと思って下さったからこそのオファーだったわけで……ありがたいしすごいことですよ本当に。

 

透明の歌詞、私はFGO6章の内容を知っているのでもう全ワード グッッッッッッッッ…………っとなるんですけど、何も知らなくても宮野真守さんが“今”歌う歌としてその言葉が響いてくると思うので……すごいな……天才・坂本真綾女神さま……

 

ではMVについて。

 

 

 脚が長い

 

シチュエーションは完全に1箇所で移動もなし。こういうシンプルなものほど見せ方が難しいですよね。表現力エグい…!

最初はステージ上だけを照明で照らしていて、サムネの段階ではどこかのスタジオなのかなと思わせといてのこれですよ!照明の力だけであんなに客席って隠せるもんなんですね~~~

1番サビの「透明な~」で一筋の照明をバックに歌う宮野さんのカット、キャメロット後編でベディが陽に照らされる聖都を眺めるシーンをちょっと思い出しました。大好きシーンです。

 

 

あと「窓を開けた」のところ、宮野さんが何かしらの術を使ってるみたいでめちゃくちゃ素敵。光の騎士・マモヴィエール

とても素敵なMVですけど、宮野さんが最初に案で出したという“砂漠”バージョンも見てみたかったな~~と思う今日この頃です。

 

一人称を「私」にして欲しいというのは宮野さんのオーダーだったそうですが、そのことについて宮野さんは、「僕」にしてしまったら完全に宮野真守の言葉になってしまいそうで、そうじゃなく普遍的なメッセージとして伝わってほしい というようなことを言ってて ほ~~~…となりつつも、最初はあまりピンときてなかったんです。だけど、とある瞬間にものすごい勢いでストーーーーーーンッッッと腑に落ちたんですよ。

 

先日、9年続けた仕事を退職しました。仕事になかなかやり甲斐を感じられず、真面目にやって何になるんだろうとか報われなさを感じてばかりの日々だったんですけど、最後にプレゼントをいただいてしまったり温かい言葉をかけていただいたり、真面目に続けてきたからこそ皆からこんなにも温かく送り出してもらえたんだな…と、最後の瞬間にやっと報われた気がしたんです。 そんな時に透明を聴いていたら、歌詞が全て自分のことのように聞こえてきて……めちゃくちゃびっくりしました。 今までそんなふうに思ったことなんて全くなかったのに、ラスト勤務を終え、その時まさに「こんな気持ちで終われるなんて」だったんです。

 

なるほど、「普遍的なメッセージ」ってそういうことなのかもしれない。

これとはまた別なんですけど、FGO原作の那須きのこ先生が透明の歌詞を見て、ベディの感情ではあるけど獅子王側の目線としても見れる という話をしていたそうで、

は~~~~~~~なるほどな~~~~~~~

これ、“宮野真守の歌”として考えると、宮野さんの想いではあるけどファン側の感情でもあるな…と気付いたんです。「包まれて 満たされて」って完全に私が宮野さんのライブに参加した時の感覚じゃないですか…!その横顔が微笑むたびに あなたのすべて誇らしいんですよ…!

愛する人に愛を告げてえよ~~~~~~

 

 

・残照

 

めちゃくちゃ好きなんですよね~~なんだろうな……1音目の「さ」から大好き。

最初に楽曲情報が公開された時、marhyさんだからなんとなくバラードかな~と思っていたし、タイトルからしてもシリアスめな感じかな~と思ってたので…全然違いましたね…!宮野さんとしてはかなり新しい。は~~~~好きだ…

ピアノの音めちゃくちゃいいなあ。爽やかでおしゃれで、アップテンポだけど優しくて宮野さんの声が心地よくて耳が幸せ。

サビ前のジャンジャンジャンジャン♪のところ好きすぎるし、特に2番の「バイバイ」たまらんくないですか?この1番と2番で同じパートがあっても歌い方を変えてくるやつ!Xmas to youの「待って」の歌い方の違いについて3時間は語れるオタクへのご褒美か?

 

ロックじゃないアップテンポな曲自体が宮野さんには珍しいし、歌詞が畳み掛ける感じも新鮮で宮野さんにめちゃくちゃ合ってると思うんですよね。カップリングにしとくのもったいないな~なんかCMソングとかになりませんか?進研ゼミ中学講座とかそういう系の…(雑)

 

宮野さん曰く、「純文学の世界観にトレンドの音楽を合わせたミスマッチ感」を意識したとのことですが、私は純文学もトレンドもあまり触れてこなかったので…イマイチそこはわかっておらず、純粋に宮野さんが歌う楽曲として好きだな~~~と思っていたんですよね。それはそれで幸せかもしれない。

たしかに最初に「残照」というタイトルを見た時と実際に聴いた時のギャップはかなりあったので、後から思えば正しく感じ取れていたとも言えるかもしれないですね。

 

そもそも「純文学」とは…

面白さよりも芸術性を追求した文学

「娯楽性」よりも「芸術性」に重きを置いている小説

なるほど~~

つまり元をたどれば作者が自分の世界で生きてる独りよがり系って感じですね?

ついでに馴染みがなかったので「残照」についても調べてみましたよ~

日が沈んでからも雲などに照り映えて残っている光。夕日の光。残光。

とのことです。

これって主人公にとっての“君“(片思い中の高嶺の花)のことじゃん???ほ~~~

 

簡単に言えば好きな子のことを考えて夜に一人でいろいろ妄想してうわ~~~~!ってなってる曲じゃん…かわいいな!ただ、インタビューなど読んでると宮野さんからすると「ちょっと怖い」だそうで…え~~~~~~~?どこが!?

この曲を作る際のきっかけになったのが去年の舞台『カチカチ山』で、宮野さんの中には演じたあの汚い狸のイメージが残ってるからかもしれませんが…

たしかにこの主人公がおじさんだったら怖いですけどね、歌詞の初々しさからすると私の中では男子中学生ということになってるので……少々妄想するくらい許してあげな!?カワイイもんじゃん??「君の返信ひとつ遥か遠い幻想」なわりに手を握ったり抱き締められたりはちょっと先走り過ぎだけどな!私は好きだぞ!

 

なんか色々言ったけども、まあ私はこの爽やかでアップテンポな曲調と宮野さんの歌声のマッチ具合がめちゃくちゃたまらん好きなんです。

 

 

・Question

 

これぞアーティスト宮野真守さんの真骨頂!めちゃくちゃかっこいい~~やっぱりね、ダンスナンバーは外せないでしょう。これもまたカップリングにしとくのもったいないな~なんかCMソングとかになりませんか?車とかそういう系の…(雑)

私にはもうわかってるんですよ。この曲はライブで聴いて、見て、更に大好きになるタイプの曲だってわかってるんです。どんなダンスがつくのか今から楽しみで仕方ない…!ヨーコ先生には信頼しかないですからね…!

 

細かい部分でいうと、サビ前の韻を踏んでいるところの発音の感じがめちゃくちゃ好きなんですけど、「導き出す」のところが「みTiびきだす」みたいな英語的な音になってるあの感じ…「理性すらTHRU」が全部英語に聞こえる感じ…わかります?前後の音が溶け合ってるような、独特な音の運び方…宮野さんそういうのめちゃくちゃ上手いんですよね~好きです。あと「世界一」の「せっかいち」ね、好き!

 

これはほんと思うのは、宮野さんは残照くんのことばかり独りよがりとか女性側の気持ちを考えてないとか言ってますけど、それで言うならQuestionさんもなかなかじゃないですか?

「狙ったYOUR HEART  離さないYOUR EYES  すぐに解いてみせるから」とかももしかしたら女性側からしたらもう諦めて~~~って思ってるかもじゃないですか。というか世の中の恋愛の曲なんて9割以上そんなもんじゃん?とも思うんですよね。独りよがり上等!

 

今回はボーイズグループ感を意識したそうですけど、作詞曲のHIROさんのコーラスが入ることにより今までにないような厚みが出たな~と思いつつ、これは『HELLO!』の時も言ったようにどちらかというと宮野さんの表現力によって1人で何人分も歌ってるというか……

AメロもBメロもサビも全て声の出し方や歌い方の表現が違っていて、使っている技術もきっと違っていて、こんなの5人くらいのメンバーがそれぞれ自分の得意なパートを担当してようやく成り立つような楽曲じゃないですか…!いつもながらそれを宮野さんは1人で歌ってるんですからね…ジャンルに縛られずにいろんな音楽を聴いていろんな音楽に挑戦してきた宮野さんだからこそだな~~~かっこいいよ!

ほんとにね、宮野真守さんって何人いるんだ?(??)

 

貴重な動画をありがとうございます!!いや~~~プロってすごいな…

 

 

透明シングルもうずっとリピートしてます。3曲しか入ってないのに、まるでアルバムを聴いているかのようなボリューム感と言うか、満足感と言うか、三者三様全く違った宮野さんの表現をぶつけられていつまでも飽きがこない。それどころか、透明を聴いたら残照が聴きたくなるし残照を聴いたらQuestionが聴きたくなるしQuestionを聴いたら透明が聴きたくなるし……でいつまでもループしてしまう。

これ本当に全部同じアーティストが歌ってるんですか!?表現幅エグ…

 

そんな中、もう2週間ちょっとでニューシングル『Dream on』が発売されるんですよね。透明だってまだ “ニュー“ じゃん?怒涛の供給祭り、この常に何かを楽しみに待っている状況、オタクは幸せですよ。ライブもあるしね!

 

ではでは、次は円盤を見た上でのSTREAMING!の感想を改めて書くかな~と思っております。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

ハッピーなハッピーハッピーバースデー!

1日遅れですが、こちらでも改めてお祝いさせてください。

宮野さん、お誕生日おめでとうございます!!

Happy Happy Birthday!!

 

なんというか、この日に限らず365日いつでも宮野さんへの愛の言葉を述べまくっているので、もはや何を言っていいかわからないしなんとなく気恥ずかしいので、一言だけ叫んでおきます。

 

宮野さーーーーーーーん!!!

どこまでもついていくからねーーーーーーーーーー!!!!

大好きだよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

 

宮野さんがいろんな人に愛されてることを実感できてハッピーな1日でした。

ライブで会えるのを楽しみにしています!

 

 

そう、ライブですよ!!!

 

 

「RELIVING!」 開催おめでとうございます!!!!! 

 

※7/8(木)23:59までアーカイブ配信

 

Road to LIVING! 生配信特番にて発表になりましたね…!

待望の有観客ライブ!

みんな公式サイトちゃんと隅から隅まで全文読むんだよ!

なんか我々がプレゼントもらっちゃったな…でも宮野さんが嬉しそうで、それが一番嬉しいです。

そしてぴあアリーナMM、まだできたばかりの新しい会場ですよね。ゆずが配信ライブで使っているのを見て、名前的に宮野さんにライブやってほしいな~と思ってたんですよ。やったね!

 

2日で4公演って体力的にものすごくハードだと思うし、宮野さん自身も我々も経験のない未知の世界だけど、それでも少しでも多くの人が参加できるようにっていう気持ちがさ~~~~~~

も~~~~~好きじゃんそんなの…………

会場代の問題とかもあるかもしれないですけどね!

 

私は自分と推しとこれからのエンタメのためにも、自分にできる全てを尽くしてその上で全力で楽しみにいく覚悟です。

欲を言うなら全公演現地で入りたい!ですけど、こういう状況でもありますし、一人でも多くの人が行けたらいいなあとも思うので……だめだったら潔く配信にするかな!状況に応じて色々な選択ができるのもとてもいいなと思うし、それぞれで別の楽しみ方ができるのもとてもいい。

現地だけが楽しいなんてことは絶対にないはず。宮野さんは誰も置いていかないんだろうなって思います。

現地に行けない・行かない人にも配信やらライビュやらいろんな選択肢を与えてくれる配慮、めちゃくちゃありがたいですよね。それぞれの場所でみんなでハッピーになろうな!

 

この1年、色々な可能性について考えてたんですよ。ライブができるようになったとして、有観客なのか無観客なのか、会場はどこなのか、歓声はアリなのかナシなのか……色々なパターンを想像していました。

宮野さんのライブって、ファンの歓声があってそれに応える宮野さんがいて、コーレスがあって、そういうやり取りが雰囲気を作って成り立ってる部分もあったと思ってるんです。 でもスタジオからの配信ライブSTREAMING!で新たな可能性を見せてくれて、他にもこの一年の間いろいろな形でエンタメを届けてくれて。

色々なパターンを想像する中で、思ってたんです。今の宮野さんなら歓声なしのライブでも、むしろその状況を逆手に取ったような新たな形のライブを見せてくれるんじゃないかって。今めちゃくちゃわくわくしてるんですよ…!これは無理してるとかじゃなく、純粋に心からの気持ちです。宮野さんとチームマモが作り出すものに対して信頼しかない!

 

いや~~~~~~~それにしても、元々やるはずだった「LIVING!」というライブができなくなって、それでも「リビングでLIVING!」なんて言って動画をアップしてくれたりして離れていても繋がっているんだと実感させてくれ、Youtubeの動画配信プログラム「Road to LIVING!」でそれが更に広がって、それから1年。「RELIVING!」開催決定……

元々予定していたLIVING!とは形は違うけど、それでもできなかったLIVING!への想いと、もう一度LIVE(ライブ)をやるんだという気持ち。覚悟。そんな大きなものがたくさん詰まった本当に素敵なタイトルだなあ。

 

LIVE」……「生きる」

こんな世の中になるなんて思ってもいなかった頃に掲げたテーマが、今こうして何倍にも大きな意味を持って、こんなにも広がりを見せている。ただの偶然を、まるでそうなることが必然であったかのようにさえ思えるのは、ここまでずっと想いを繋げてきた宮野さんの力ですよね。

 

 

新曲のMVが公開され、楽しい生配信番組もあって、 素敵な発表もあって、特別な1日になりました。

MVを見た直後に直接エピソードや想いなんかが聞けて貴重な機会だった~~その後のただただ宮野さんが楽しいという正しく宮野さんの誕生日って感じの接待モンハン会もよかったな!宮野さんが今この瞬間“楽しい”という感情でそこにいる事実を見せてもらえている幸せ。ハッピーでしかない!

Dream onの話はまた改めてしますね。

 

では最後に、我が家の宮野さんお祝いケーキ写真を載っけておこうと思います!

f:id:mgyn19:20210609213920j:plain

f:id:mgyn19:20210609213926j:plain

今年はやっぱり白でしょ!と思って真っ白いケーキでお祝い。ローソクトリコロール+白でこだわりました!

ちなみにこのプレートの文字、せっかくケーキ屋さんがいい感じに書いてくれてたのに、持ち帰る途中でプレートが前に倒れて文字がぐっちゃぐちゃになってしまったんですよね……バース辺りがボソボソしてるのは私が書き足して誤魔化したせいです。

家族みんなで、宮野さんとそのご両親に感謝をしながら頂きました。

\宮野さんありがとう/ \宮野さんおめでとう/

宗教?

 

 

そしてわたくし事ですがこの前日に無事に退職をしました!わ~~い!

ここの更新もしばらく止まってしまっていましたが、そんなわけで時間はたくさんありますので、またボチボチ書いていきたいな~と思っております!

まずは透明の話?STREAMING?キャメロット後編の話もしたい!

マイペースにやっておりますので、また気が向いたら見て頂けると幸いです。

 

では、今回はここまで。読んでいただきありがとうございました!

 

 

自分にできること

今回は、ウェイトレスの上演期間に起こったちょっと嬉しかった出来事の話をさせてください。

 

私は特に何の取り柄もなく特技もない、ただ長々とオタク語りをすることしかできない人間です。

ウェイトレスが終わった時に、ツイッターを見てると素敵な感想イラストが流れてきたりしていて。それを見ながら ああ、そうか…絵が描ければこうしてパッと見ただけで伝わる感想が描けるし受け取った感情を一枚で表現することができるんだもんなあ…なんて思ったんですよね。宮野さんの最新のラジオでも、素敵なイラストが届いてすごく感動して喜んでいる声を聞きながら、宮野さんを幸せな気持ちにしてくれた人、ありがとう…という気持ちになりつつも、それと同時に自分はいつも宮野さんにもらっている幸せをどれだけ返せているのだろうか?とか考えてしまう自分もいて。

私も手紙を送ったりしてますが、もしかしたら宮野さんに届く前に捨てられているかもしれないし、宮野さんが読んでくださっていたとしてキモっと思われてるかもしれないし…いや宮野さんは絶対にそんな人ではない、今のはナシ!

まあそんな感じで、オタクとしての自分の価値とは?とかこんなキモオタがファンやっててごめんなさいとか、油断するとマイナスな感情ばかりで心が埋め尽くされてしまったりして。

あれ?「嬉しかった出来事」の話じゃないの?って思った方、ここからです!

 

ウェイトレス期間のことをふと思い出していました。私はブログを書いたらその記事をツイッターに載せて投稿してるのですが、そのツイートを、なんとウェイトレスカンパニーのとある方が“いいね”してくださったんです。しかも一人ではありません。

 

えッッッッッ!?本当に?

 

「○○さんがいいねしました」のところに見慣れた名前があって、状況を理解してからまずスクショしましたよね。キモいオタクなんです、すみません。日陰に生きているオタクなので、こんなふうに自分の書いたものが関係者の目に留まってしまうと動揺してしまう。タグをつけていたからそこから見つけてくださったのだろうか?わからないけども、文字どおり“いいね”と思ってくださったのなら嬉しい、すごく。

それはつまり、私があの方たちにもらった幸せを、少しでもお返しできたということではないだろうか?

自己満足で書いているものではあるけども、オタクもこのくらい突き詰めて極まってしまうとその発言や発信するものを面白いと思ってくださる方がいるのかもしれない。私は推しを幸せにすることはできないかもしれないけれど、推しや推しが関わるコンテンツについて狂ったり語ったりすることで、間接的に盛り上げる一員になれているのかもしれない。

だったらもうそれだけで、それだけで十分です!

あの“いいね”によって、その1本の指によって、私というオタクが救われたんです。なんか結局、お返しどころかさらに幸せを貰ってしまってるな!

 

なんというか、私は基本的に褒めるしかしないタイプのオタクなんですけど、関係者に見つかったことによって改めて褒めるしかしないタイプのオタクでよかったな〜〜と思いましたよね。まあ私は褒めることがなかったら静かにスルーするだけなので…コンテンツを盛り上げる上で、いいことだけが広まってくれたらいいなと思って感想とかいつも書いてます!

 

私のブログを好きだと言ってくれる方もありがたいことに結構いらっしゃるんですよ…!本当にありがたい。自信はないし本当に…?と思ってしまうところはあるのですが、好きだと言ってくださる方がいるというそこはちゃんと認めるべきだなと思ってます。最初になんの取り柄もないと言ったけれど、私に何かあるとすればこれなんだろうなと、皆さんのおかげで思うことができるようになりました。本当に感謝です。

宮野さんと出会うまでブログを書いたこともなかったし、そもそも書きたいこともなかったし。語らずにはいられなくなるほど私の心を突き動かす存在に出会えて、自分の唯一の取り柄と言えるようなものを見つけられたのは、全て宮野真守さんのおかげなんです。

 

宮野真守さん、愛してるよ!!

 

一番言いたかったこと、これです。

 

今回のブログは、ついついマイナスな感情になってしまう自分のために書きました。

お前にだってできることがあるんだよ!これからも自分が最高って思ったことや楽しかったことたくさん書いていこうな!

 

みんなもね、語彙力とかいらんよ!最高〜〜〜〜〜って言ってるだけでも え?なになに?って気になってくれる人はいるかもしれないしな!楽しいことはどんどん楽しい!って発していこうな!

 

 

ではでは、ただのオタクの感情文を最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

変わるよ 何もかも さあ始めよう!/ミュージカル『ウェイトレス』in御園座 大千穐楽(5/2昼)

おわっっっっっっっっっ

 

f:id:mgyn19:20210503175724j:plain

f:id:mgyn19:20210502105410j:plain

f:id:mgyn19:20210502105354j:plain

 

た~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回こそ本当に出し切った……

まずは大千穐楽、無事にここまでたどり着けたことをお祝いさせて下さい。本当に本当におめでとうございます。

締めくくりにふさわしい、素晴らしいラストでした!

 

この2ヶ月、今までにないくらいここでいろいろと語ってきたなあ。寂しさよりも、安心と清々しさと幸福感...そして満腹感!宣言通り全公演感想も書けたし、もう何も思い残すことはありません。

 

とにかく初日から大千穐楽まで誰一人として欠けることなく、全公演完走できて本当によかった…安心しました。最後に高畑充希ちゃんが「無事に全公演できてしまってびっくり」と言っていましたが、ほんとにね……大阪が今だったら無理だったもんなあ。そんな奇跡的なものもありつつ、やっぱり何よりカンパニーの皆さんの努力があってこそ。気の抜けない日々が長い間続いことと思います。本当にお疲れ様です。

いま出会えたことに心から感謝!素晴らしい時間をありがとうございました!

 

思えば初日からラストまでずっと、いやそれよりもっと前、楽しみに待っている時間すらエンタメだった。幸せだったなあ。1年ぶりに生のエンタメを浴びてその力を全身で体感してわかったのは、エンタメはこの世界に絶対に必要!ってこと。

生きる力 湧き上がるわ~

 

席は2階席の上手寄り ほぼ最後列くらい。

めちゃくちゃ高かったな!今回初めて赤ちゃんの顔面が見えました。ちゃんと顔あったよ!

f:id:mgyn19:20210503175712j:plain

もう何を語ったらいいのか分からないな!

ずっと楽しかった!

 

拍手や手拍子もたくさん起きたし、高畑充希ちゃんも「楽しかった」と言ってくれてほんとにそれが嬉しかったなあ。それが一番!

そしていい意味で、とてもいい意味で、いつも通りでした。

「始めよう いつものように」

本当にこの歌詞の通りですね。この曲が始まってアンサンブルの皆さんがセットとともに登場すると、毎回グッときて泣けてきてしまうんです。本当にみんなが生き生きしていて楽しそうで。

 

アンサンブルの皆さんの顔と名前を全員覚えた舞台はこれが初めてだし、“キャスト”の存在をこんなにも感じなかった舞台はこれが初めてです。劇場に入って幕が上がれば、そこにジェナ達が生きている。まるでずっと、そうやって生きてきたかのように。

 

相変わらずジェナの歌には心をわしづかみにされて魂が震える。すごいなんて言葉ではとても言い表せないくらい。

ドーンの一挙手一投足、全てが愛おしくて仕方ない。

ベッキーはいつだって自然体で、LiLiCoさんもりんこさんも“ベッキーさん”だっけ?って思ってしまうくらい。

意外と表情豊かなカルがだんだん可愛く見えてきた。

オギーが登場するといつだって嬉しい。

アールのこれからのこと、私は応援してるよ。

ジョーの声、言葉、表情、全てが沁みる。

そしてポマター先生。

初見の時に、彼が幸せなラストを迎えられなかったことがなんだかショックで、そこだけが心残りだったというか。そこからどうしたら幸せになれるんだろう……と彼の人生を深く考えていったところから色んな事が見えてきました。本当にたくさんたくさん考えて、調べて、そうするうちにどんどん彼のことが愛おしくなっていって。この物語や世界観、アメリカについても理解が深まったり、最初の頃の何百倍もこのウェイトレスを楽しめています。きっかけをくれてありがとう。

繊細で優しくて脚が長くてちょっと抜けててチャーミングでどこか放っておけないポマター先生。ジェナと出会ってからは若い頃に戻ったかのように生き生きと目を輝かせて、慈愛に満ちた瞳を向け、自然体の微笑みと笑い声と、豊かな表情。全てが魅力的でした。

宮野さん、はまり役なんて言葉が安く見えるほどポマター先生がぴったりだったなあ。コミカルなシーンもたくさんあって、でもちゃんとかっこいい人でなきゃいけないというそのバランスは難しかったと思うけど、さすが!宮野さんの良さが全部出てた。

ラストについてはちょいちょい今までも書いてきたんですけど、今ではあの後ろ姿にきっと大丈夫だという希望を見ることができています。今回はムーンパイ、両手でしっかり握ってたな〜

きっと今まで、その優しさや不器用さや色々なしがらみによって自分の人生を選ぶことが出来なかった人なのかなあと勝手に思っているのですが、そんな彼にも自分で選び取った幸せが訪れますように…!

大丈夫!ジェナが生まれ変わった瞬間を誰よりも近くで見ていたんだから。

「変わるよ 何もかも」「恐れずに さあ始めよう」

これは全ての人へのメッセージ。ジェナの姿は、客席で見ている私たちだけでなく、あの世界に住む人たちにも勇気を与えたのだと思います。

アールもね。あの時ちゃんと自分から病室を出て行けるだけの理性があったんだから、きっと大丈夫。

 

私も転職活動頑張らねばだな~~~~ほんと色んなことがこのタイミングだったんだなあと思います。

 

メイン以外だとノーマさんとかね。いや存在感あったな〜

2人の関係を知っていながらも変わらずポマター先生のもとでちゃんと働いてて、皮肉っぽいところはありつつも決して周りに言いふらしたりしなかったからこそ泥沼にならずに済んでたわけですから、ジェナもポマター先生もノーマさんに感謝しなきゃですよ!というわけでこの物語の影のMVPはノーマさんだと思ってます。

 

は〜〜〜……なんか今まで散々語ってきたから今さら何を言えばいいのか本当わからないな!

最初の頃の感想を読み返してみたんです。感じ方が変わったことも、変わらなかったこともあって。こんなに一つのものについてたくさんブログ書いたのは今までで初めてだったなあ。なんか2ヶ月間、ずっとウェイトレスのこと考えてた気がする。

私はこういう舞台やライブに参加するとき、毎回緊張で胃が痛くなるタイプのオタクなんですよ。でもウェイトレスでは、不思議とそれがほとんどなかったんです。なんでだろうなあ。この実家のような安心感。不思議だなあ。いつの間にか私も住人としてあそこにいたのかもしれない。

 

そうだ、大千穐楽高畑充希ちゃんのコメントを大体こんな感じだったよ!というニュアンスですが残しておこうと思います。

 

全公演無事に開催できてしまってびっくりしてます。みんな本当に気をつけていたし、東京福岡大阪名古屋と奇跡的なタイミングでこうして回ってきて、このカンパニー持ってるな〜と思います。

4年前に初めてこの作品を観て、感激してしまって。いつか日本でもできたらいいなと思っていたのですが、コメディに見せかけてドロドロしてるし、下ネタ多いし、日本のお客さんに受け入れてもらえるのか不安な気持ちもあって。でも毎回本当にたくさんのお客さんが観にきてくださって嬉しかったです。

今日もみなさんすごく楽しんでくれて、私たちもとても楽しくお芝居をすることができました。

またエンタメが楽しめる世の中になったらいいなと思います!

 

文字だと伝わりにくいと思うんですけど、ふわっとしたテンションでお話ししてくれました。いや〜あれだけすごいものを見せてくれた直後にこのゆる〜い感じで話ができるその精神力というか、主演としての堂々とした振る舞い、本当にただものじゃないなと思います。褒めてますよ!

あっそういえばなんか凄そうな賞取ってましたよね?詳しくなくて申し訳ないのですがおめでとうございます!これはもう誰もが納得ですよね。

 

は~~~~~……宮野さんと紬ちゃんのハッピーセット…カワ……宮野さんの目が無くなる笑い方好きすぎだし、おばちゃんはね、紬ルルちゃんに初めて出会った日からずっとメロメロなんですよ……


ポマター先生のオフショットだ〜〜〜

本当にね、私は宮野さんが悔しい思いをしなくて済んだことに本当に安心したんですよ。無事に終わってよかった。これからもあなたの見せてくれるエンタメにいつまでもついていきますよ!

 

アールを作り上げるの、想像以上に苦労されていたんだなあ。アールについてもなるほどな〜と思うこともあり、改めて考えさせられました。思いが知れてよかったです。苦しいかもですが、また渡辺さんのアールに会えたらいいなあ。

 

LiLiCoさん、本当に初ミュージカルだなんて信じられないし、万全の状態でなかったとは思えないくらい素晴らしいベッキーでした。宮野さんとのワチャワチャもいつも微笑ましく見てましたよ〜また会いたい!

 

宮澤エマちゃん、この2ヶ月で大好きになってしまったな。宮野さんがエマちゃんのおもしろ話?をしようとしてまたそのうち…って言ってたのが気になりすぎてる今日この頃。ラジオのゲストとかで来てほしい!

 

みんな大好きオギー!いつも笑顔と驚きをありがとう!そしてYouTubeの番組、実は毎週見てましたよ〜

 

カルの顔芸と声芸(?)には毎回笑わせていただきました! 今ではすっかりマスコット的な癒やし枠。


メンズたち。セリフは一つもないのにめちゃくちゃ存在感あったな〜

間違ってる靴下!のとことか、ドーンの歌の時の反応がみなさん素晴らしく面白かった!常に体を使って動き回ってた印象。お疲れ様でした!

 

大好きな「できちゃったクラブ」だ~~~~

フランシーヌ・ポマターさんもとっても可愛かったな!

 

ママ〜〜〜〜

なんと21歳と知って驚いています。そんなに若いのにあの包み込むようなママ感!すごい!

 

ほわっとした笑顔に実は癒されておりました!ゲス野郎のチキンポットパイの時の自然な動き、何気にいつも注目して見てましたよ~

 

ノーマさん!あのベテラン看護師っぷり素晴らしかったです!「私たちはみんなそのパイ(幸福を追求するパイ)を一切れいただかなきゃ」は名言だと思います。

 

生演奏、とってもとっても素敵でした!幕が上がる前に漏れ聞こえてくる音に毎回ドキドキしたなあ。

 

そうそう、大千穐楽の後、帰宅したら……

f:id:mgyn19:20210503175525j:plain

これが届いてたんですよ…!なんというタイミング!ずっと前に頼んでたのですっかり忘れてたな!

音源はストリーミングでも聴けるんですけどね、歌詞が見れるものが欲しかったわけです。日本版のCD化も切実に願ってます…!

 

再演あるでしょ〜〜って勝手に思ってるわけですが、宮野さんが出演しない場合たぶん私は観に行くことはないので…いや作品自体がもう大好きになってしまったのでどうだろう…でも宮野さんを追いかけるので精一杯なので正直難しいんですよね。つまりキャスト変更なしでの再演をどうか何卒……!この状況で今回観に行けてない人もたくさんいると思うので尚更ですよね。その時はカンパニーの皆様も打ち上げとかできる世の中であってほしい!

 

う〜ん、終わり方が迷子!

よし!最後に美味しそうな写真で締めようと思います!

f:id:mgyn19:20210503175516j:plain

f:id:mgyn19:20210503175532j:plain

これはお土産で買ったアップルパイ。

名古屋で美味しそうなパイの店ないかな〜と思って調べてた時に、こんな完璧に丸くて絶妙な焼き加減のいかにもパイって感じのパイ見たことない!と思ったのと、「大人のアップルパイ」という名前が気に入ってこちらを選ばせていただいたのです。美味しかった〜〜

そしてこれを見てほしい。

f:id:mgyn19:20210503175540j:plain

「おとなの・・・アップルパイ」

この表記なに!?笑

含みをもたせてんじゃないよ!言い方によっては「暗闇のダークチョコレートパイ」くらいの可能性を感じますね。

ちなみにこちらのお店です!名古屋に住んでいる方は是非。大人じゃないパイもありますよ〜

 

というわけで、この辺りで終わろうと思います!

と言ってもまだウェイトレスで書きたいことはたくさんあるので、また近いうちに何か書くとは思いますが…

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

みんなで作り上げたパイの味/ミュージカル『ウェイトレス』in御園座(5/1夜)

残すところ2公演。でも何だかそんな感じもせず、いつもと変わらない心持ちで観劇させていただきました。

 

席は2階席 下手側中段辺り。

今回初の「B席」という括りの席でした。目の前に手すりがあるくらいで、全く問題なく見られましたよ〜

さて、本日の出演者はこちら。

f:id:mgyn19:20210501234751j:plain

りんこさんベッキーのラスト公演です。

 

今回も、まだこのタイミングで新たな気づきがあったんですよ。すごい、目が足りない!今回はわりと演奏の方たちにも注目して見てた気がします。

 

ウェイトレス3人の歌のあと、ギター演奏の人とカルがすれ違いざまに肘タッチしてるのとか初めて気づいたな〜

そもそも演奏の方たちがステージ上にいるっていうことが珍しいですよね。他の出演者たちとは違う立ち位置なんだけど、たまに演出として存在が概念的に表に出てくることがあって、それこそパイづくりの精霊と同じような立ち位置で登場していて、それが面白いな〜と思うんですよね。本当に今まで見たことがないような作品だ……

 

「もう一度信じられるかものパイ」のところでも、演奏の方たちも赤い花を持って演出に加わってたということも今回で気づきました。あとダイナーのシーンで、ギターの方とピアノの方がお客さん役として登場してたりもしてたんですね…!

 

あっこの回のドーン、歌の「もし出会ったとき〜♪」の前にハァ……って声が入っててめちゃくちゃかわいかったな。

 

そういえばジェナの髪型の話なんですけど、メインビジュアルでは髪下ろしてるじゃないですか。でも実際はほとんどのシーンでポニーテールにしてるんですよね。めちゃくちゃ好みです。

という話ではなく……結婚式〜出産〜数年後の流れ以外ではずっとポニーテールなのに、ポマター先生と会う朝だけは下ろしてるんですよ。だから何だ?と言われればそれまでなんですけど、なんかちょっとドキッとしてしまったんですよ。これから仕事なので制服姿ではあるものの、ただ仕事前に寄っただけというわけじゃない。後ろで髪を結んではいないけどサイドのねじねじはしてる。ポマター先生がジェナが来る前に髪を整えてたのと同じじゃないですか〜〜

あと単純に、いつもポニーテールだった人が髪下ろしてるの、ちょっとエッチくないですか?

みたいなことを思ってましたね。

 

f:id:mgyn19:20210501235730j:plain

とってもあったかい空気が流れてた公演だったな〜

キャストの皆さん、演奏の皆さん、スタッフの皆さん、そして私たち。みんなで作り上げたパイは最高の味わいでした。

 

りんこさんお疲れ様でした!お茶目なかわいいおばちゃんベッキーでした!

ここに来てついにツーショット!

しかも大千穐楽を前にしたこのタイミングでこんなゆる〜いブログ更新してくるところ、あまりにも好きだな…

動画!!!こんなコラボが見られるとは…ありがとうございますありがとうございます…!

まあ、いま外なので音は聴けてないんですけどね!

 

そしてそして!

こんな素敵動画が…!

これでしばらくジェネリックウェイトレスができるぞ…!本音を言うと編集とかいいので記録映像売ってくれ〜〜〜

2人の別れのシーンのセリフがしっかり取り上げられててグッときちゃったな…やっぱり重要なんだ…あなたのこと忘れない……

まあ、いま外なので音は聴けてないんですけどね!

 

 

は〜〜〜〜

 

………………

 

文章ではわからないと思うんですが、今めちゃくちゃ胃が痛いです。これから大千穐楽かと思うと急にやってきてしまいましたよ……

ここ最近は開演前の胃痛がなくなっていたのでもう克服したか?と思ってたのに、やっぱりこれだよ。お前が緊張してどうする!手もめっちゃ震えてるし…静まれ私の両手!

 

では、今から大千穐楽、思い残すことのないよう全力で楽しんで、しっかり見届けてきます!

行ってきます!

 

忘れ去られていた感情を戸棚の奥から取り出した/ミュージカル『ウェイトレス』in御園座(5/1昼)

初の御園座

f:id:mgyn19:20210501234739j:plain

f:id:mgyn19:20210501235723j:plain

f:id:mgyn19:20210501235737j:plain

赤い!
ライブでは何度も名古屋に来てるけど、舞台は初めてだなあ。素敵な会場でした!
 
今回の出演者はこちら。

f:id:mgyn19:20210501234704j:plain

御園座で御園紬ちゃん!
やっぱり博多座はこういう紙なかったですよね?
 
席は2階席の上手側中段辺り。
めちゃくちゃ久しぶりというか、初日ぶりの2階席でした。いや〜ポマター先生みたいな言い方しますけど、自分が2階席が大好きだってこと忘れてましたよ!
そしてなんと、今回はオペラグラス忘れずに持ってきました!やったね!
 
1階席の前方だと表情もよく見えるし没入感があって、でも全体を把握することは難しいし、メインの人ばかりに目が行って意外と細かいところを見れなかったりもしたんですよね。とにかく世界を楽しむための席という感じ。その点2階席は、全体を物理精神ともに俯瞰で見ることができ、更にオペラグラスを使えば最前のサイズ感で細かいところまで見られる。めちゃくちゃいいじゃん……見え方も全く違うし新たな発見がありまくりでした。
今まで当たり前に見ていた部分も改めてすご!と思ったりしたのでそういう気付きも書いていきたいな〜と思います。
 
何がすごいって、ステージサイドに並んでいるパイが全部ちゃんと見える!見たところほぼ全部違う種類が並んでいて、こういう細かいところへのこだわりまで本当にすごい。そうそう、ドーン&オギーの「イギリス軍が行くぞ〜!」のところ、この棚が青白赤に光るのも今回になって初めて気づいたんですよね。やっぱり2階席好きだな〜
あと高い位置からだとステージ上の美味しそうなパイたちもしっかり見えるのがいいですね。クリームも砂糖も小麦粉も全て本物を使っているという話は聞いていましたが、それが改めてよくわかりました。ジェナもパイづくりの精霊(?)も卵割るのめちゃくちゃ上手い!
あの妄想パイづくりシーン、本当にアンサンブルの方たちを心から信頼してないとできないと思うんですよ。あくまで精霊みたいな存在なのでその人たちを目で見ることがなく、手を伸ばした先に材料があることを信じるしかない。セーフティネットなしでジャンプするパイの時なんて支えてくれるメンズがいないと跳べませんからね。そういう連携が本当にすごい。お客さんだった人が突然パイの材料を持ってきて、妄想が終わったらすぐにまたお客さんに戻るところとかも全く違和感がない。場面転換もスムーズでテンポ感が気持ちいい、それがコメディ感を演出してるんだなあ。
アンサンブルの方たちの顔まで全員覚えてしまいましたからね!そんな舞台今までで初めてです。
 
そうそう、今回ジェナがトイレに走るところで布巾を落としたんですよ。あっやばい…その上をトイレのセットが踏んづけてしまう…と思った瞬間にセットを動かしていた人がものすごい勢いで拾い上げてセーフ!もうね、当たり前に仕事が全てプロ!
 
ドーンのテーブルの拭き方がめちゃくちゃかわいいとかもね。月曜日はキエフ風チキン火曜日は子牛のピカタのとこ、あの後テーブル全部拭いてるんですけどめちゃくちゃかわいいんですよ。今更言ってもあれですけど注目してほしい〜
ドーンちゃん、あれだけ動きながら安定して歌えるのほんとすごいよ…男子に抱きかかえられながらのところとかどうやって腹から声出してんの?
 
もうね、ジェナの「じゃあどうするの…」がどんどん力なくなってく。今回めちゃくちゃ泣いてて、これはポマター先生も守りたくなっちゃうよな…ここのシーン見てると本当に2人が結ばれないとかある!?って思ってしまう。
 
今回びっくりしたのが、福岡公演よりも更にポマター先生がナチュラルだったこと。最初に見た時とかもっと海外のコメディらしい感じだったじゃん!それがもう声の出し方とかめちゃくちゃナチュラル。そして繊細。今ここで、リアルな感情が動いているのを目の当たりにしているのか。そこで苦悩して恋して葛藤して、生きてる。もはや宮野さんであるという感覚すら忘れていたのですが、やっぱり私は宮野さんのこういうお芝居を本当にすごいと思っているし大好きなんだよな…
 
ジェナがアールに本音を突きつけるところを真剣な目で見つめてるポマター先生、どういう気持ちなんだろう。一番近いところでジェナが生まれ変わった瞬間を見てるんだもんなあ。
今回の去り際、ジェナの前を去った後に上を見上げたんですよ。今までそういうことをしているのを見たことがなかったので…あれは涙を抑えるためなのか、それとも何か思いを巡らせているのか…表情が見たいよ〜〜
 
わかるよ、何考えてるか。いや嘘だ、何考えてるのポマター先生〜〜〜
 
そうだここのセリフ、原作でも全く同じだったんですよ。なんで1回わかるよって言ったのポマター先生〜〜〜
 
全てが描かれない分、もう私には想像することしかできない…でもオタク、そういうの得意…楽しい…
 
なんかほんと、しばらく間を開けてのウェイトレスめちゃくちゃいいですね。ここに来てまだまだ発見があるしまだまだ変化するし、もっともっと見守りたい!でももう終わってしまう…でも今はそれを受け入れる心の準備もできてます。
 
最後におまけ写真。

f:id:mgyn19:20210501234728j:plain

なんと…!博多座にはなかった「今日、ケンタッキーにしない?」が復活してる!大阪はどうだったんだろう?嬉しくて写真撮っちゃったよ。ちなみにあと2ヶ所くらいにありました。

f:id:mgyn19:20210501235715j:plain

f:id:mgyn19:20210501234718j:plain

2階のロビーに大きなポスターが…!
 
ではでは、今回はここまで。
読んでくださってありがとうございました!
 

生活に必要なもの

皆さんいかがお過ごしですか?
私はそれなりに元気ですよ!

前に少し話しましたが、9年ほど勤めたブラック仕事を正式に辞めることになりました。今もまだ上司からの説得にあったりして面倒なことが続いていますが…

世間も厳しい状況が続いていて、流れてくる「中止」の文字や悲痛な声を目にするだけで滅入ってしまう毎日。

そんな中、重なる時は色々重なるもんだな〜と思うのですが、今日は祖母の葬式だったんです。
と言っても別に暗い話をするつもりはなくて。日蓮宗なんですけど、知ってます?お経がめちゃくちゃ愉快なんですよ…!いや私がそう感じるだけかもしれないんですけど……盛り上がってくると木魚をドラムかのようにリズミカルに叩き始め、お経はラップのように聞こえてくる。ライブに飢えている私は体が動き出しそうでしたよ。

まあそんな感じで結果的に楽しい気持ちになって、私の色んな気持ちも成仏して、そのあと髪も切ってスッキリして、今に至ります。


という話がしたかったわけでもなく…
そんな中、私は明日、ウェイトレスのラストを見届けるために名古屋に旅立ちます。
この状況で遠征を断念した人もいると思います。それはきっと正しい判断で。でも行く選択をした人もきっと間違ってはいなくて。
たとえそれが“いけないこと”だったとしても、少なくとも私には、今の私には特に、必要なことなんです。明日を生きるために、頑張るために、エンタメが必要なんです。
この感情って、もしかしたらジェナたちのそれと近いものがあるのかもしれないな!なんて思ったり。


「社会生活の維持に必要なもの」ってなんだろう。そんなの人それぞれじゃん。

私は今の仕事に就く前にもドン底まで落ちた時期があったのですが、その時に立ち上がる力をくれたのは宮野さんの存在でした。その笑顔を見ている時、ラジオから聞こえてくる笑い声を聞いている時だけは全てを忘れて笑顔になれた。

今もそうです。地獄のような労働環境で9年も耐えられたのは、宮野さんの存在があったからこそです。彼の声が、見せてくれるエンタメが、私を支えて救い続けてくれていたんです。そうじゃなかったら、今自分がどうなっていたかわからない。

そう、間違いなく私にとっては社会生活の維持に必要なものなんです!

エンタメを生業にしている方々、あなた達の仕事は間違いなくこの世の中に必要なものです。胸を張ってほしい。
きっと多くの人の心を救って、もしかしたら命を救っているかもしれない。


mgyn19.hatenablog.com

今の気持ちは東京公演の時と変わりません。
とにかくめちゃくちゃ気をつけていってきます!そして行くからにはしっかり楽しんできます!

ウェイトレスの名古屋公演が無事に開幕したことが、今の唯一の希望です。どうか大千穐楽まで何事もなく駆け抜けられますように...!皆さんが悔しい気持ちで終わることがありませんように...!


では最後に、部屋が最高になったのでその写真を載っけて終わろうと思います。
f:id:mgyn19:20210501002753j:plain
元々こんな感じで「宮野真守 主演エリア」があったわけですが、ウェイトレスのチラシもどうしても飾りたい!それなら王家も飾らねば...!と思い、ついに新エリアが誕生しましたよ!
ドン!
f:id:mgyn19:20210501002806j:plain
愛する人と結ばれない宮野真守エリア」

............

「背中で語る宮野真守エリア」
これでどうだ!
ラストシーンの後ろ姿が2人とも印象的だったので...

切ない宮野真守さんとてもいいと思うのですが、たまには“生きたまま”愛する人と結ばれるハッピーな宮野真守さんも見たいな~~~~なんて思う今日この頃です。


では、今回はここまで。読んでいただきありがとうございました!
そして行ってきます!